/

この記事は会員限定です

ワーケーション、コロナで脚光 自治体の誘致合戦激化

[有料会員限定]

長引くコロナ禍によるテレワークの増加で、仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」が脚光を浴びている。自治体でつくる推進組織に加盟する都道府県・市町村は発足から1年で2倍以上に拡大した。ウィズコロナ時代にはワーケーションに関心を持つ個人や企業が一段と増えると見て、モデルツアーの実施や民間事業者への助成などに取り組む自治体が増えている。新たな働き方として定着すれば、大都市圏から働き手を呼び込み、地域...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2750文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン