/

この記事は会員限定です

売れ筋はご当地商品 セブンが促す地産地消

セブンイレブン ここまでやる(5)

(更新) [有料会員限定]

コンビニエンスストアは同じチェーンの場合、全国どこでも基本的に同じ商品が並ぶ。セブンイレブンは違う。人口減少が続く日本だからこそ、成長を続けるには「地域の違いを理解したうえで品ぞろえを組む必要がある」(永松文彦セブンーイレブン・ジャパン社長)。カギを握るのが、セブンだけに商品を供給する専用工場だ。

セブン専用の工場

広島県内にあるセブンで売れ筋となっているのは地元のソウルフード「広島風お好み焼き」だ。この地域限定の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セブンイレブン ここまでやる

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンにとって、2021年は大変革の年となる。24時間営業、画一的な店舗といった「勝利の方程式」は時代の変化によって修正が待ったなしだ。小売りの王者はどこへ向かうのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン