/

この記事は会員限定です

「またここで会おう」エンジェル・瀧本氏、未完の情熱

インベスターズ(5)

(更新) [有料会員限定]

菅義偉政権が発足して3カ月余り。2050年までに温暖化ガス排出を実質ゼロにする政策を手がかりに株価が3倍になった銘柄がある。太陽光や風力など再生可能エネルギーを開発するレノバだ。

このほど国が事業者の公募手続きに入った秋田県沖の洋上風力発電プロジェクトでは、海底地盤の調査など5年がかりで準備を進めてきたレノバが落札の最有力候補とみられている。

「ぜひチャレンジすべきだ」

レノバ社長の木南陽介(46)はコンサルティング会社、マッキン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

インベスターズ

コロナショックの大底から一気に高値圏へと駆け上がった2020年の株式相場。久々の高揚感に包まれたマーケットでは日の丸ヘッジファンドがしのぎを削り、米著名投資家バフェット氏も日本株の買いに動いた。相場の一寸先の闇を照らすべくデータ専門会社は携帯電話の群れを追いかけ、かつてエンジェル投資家がまいた種は芽吹きつつある。平成バブル崩壊から30年。新時代のインベスターズの胎動が大きくなってきた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン