/

この記事は会員限定です

こだわるセブンプレミアム 100年ブランドつくれるか

セブンイレブン ここまでやる(3)

(更新) [有料会員限定]

1兆4500億円。セブンイレブンの看板商品「セブンプレミアム」の年間販売額は、これだけで国内小売業の売り上げトップ5に入る規模だ。発売から13年で18倍に増え、セブンの成長を後押しする。製造の委託先も、品目ごとの業界首位や「こだわり」の強い企業に絞っている。

泥がついたままのジャガイモ

静岡市に本社がある老舗総菜メーカーのヤマザキグループ。全国的な知名度は高くないが、セブンとは40年以上の取引関係がある。セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セブンイレブン ここまでやる

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンにとって、2021年は大変革の年となる。24時間営業、画一的な店舗といった「勝利の方程式」は時代の変化によって修正が待ったなしだ。小売りの王者はどこへ向かうのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン