/

この記事は会員限定です

ドコモ携帯の群れ AI追跡で浮かぶ株価材料

インベスターズ(4)

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスで凍り付いた世界経済が、いつ、どこから息を吹き返すか。株式投資家にとって2020年の最大テーマをさぐるべく、投資情報会社aiQ(東京・千代田)を率いる山本裕樹(40)はNTTドコモの携帯電話8000万台の群れを追跡した。

生産回復「トヨタは早い」

「トヨタは日産よりも生産の戻りが早い」。aiQは携帯の位置情報データをAI(人工知能)で解析し、顧客の投資家に伝えた。トヨタ自動車はじめメーカー各社は月次ベースで生産状況を開示するが、コロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2156文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

インベスターズ

コロナショックの大底から一気に高値圏へと駆け上がった2020年の株式相場。久々の高揚感に包まれたマーケットでは日の丸ヘッジファンドがしのぎを削り、米著名投資家バフェット氏も日本株の買いに動いた。相場の一寸先の闇を照らすべくデータ専門会社は携帯電話の群れを追いかけ、かつてエンジェル投資家がまいた種は芽吹きつつある。平成バブル崩壊から30年。新時代のインベスターズの胎動が大きくなってきた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン