/

この記事は会員限定です

量子技術の研究・進歩、分断で鈍る懸念 佐々木雅英氏

パクスなき世界 情報通信研究機構フェロー

[有料会員限定]

量子技術の開発競争が激しさを増している。量子コンピューターは材料開発などに革新をもたらす可能性を秘め、量子暗号を使えば不正なデータ解読を防げる。産業競争力や安全保障に影響を及ぼすとみて、米国と中国は技術面でも覇権を争う。研究の発展に及ぼす影響などについて、情報通信研究機構の佐々木雅英フェローに聞いた。

――量子技術への関心が高まっています。

「量子技術が世の中を変えると言い続けて15年ほどたつが、ようやく製品化やサービス化の段階に来た。第1陣のイノベーションが始まりつつある。おおげさかもしれないが『量子』というキーワードで人類が次の大きな変革の入り口に立とうとしている」

――中国の研究力が向上しています。

「中国は米欧のトップ大学への若者の留学を戦略的に進めてきた。その研究者たちが国内に戻って拠点を構えた時と、量子技術の発展期がぶつかり、爆発的に躍進している。中国国内の競争は激しく、それを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン