/

この記事は会員限定です

巨大ITの金融規制、なぜ難問中の難問か 山岡浩巳氏

パクスなき世界 フューチャー取締役

[有料会員限定]

巨大IT(情報技術)企業が金融業にも参入し、従来の規制で対応が難しくなっている。技術革新がもたらした「断層」にどう対応していくべきか。日銀の元決済機構局長で、バーゼル銀行監督委員会委員などを務めたフューチャーの山岡浩巳取締役に聞いた。

――決済などでIT企業の存在感が高まっています。

「GAFAなど巨大IT企業は決済サービスを個人から手数料を取らずに提供できる。集めたデータを他のビジネスに使えるからだ。従来の銀行には規制があり同じことができない。金融規制の対象であることが競争力の差になっている」

「2008年のリーマン・ショックのときに金融当局は大手金融機関が制御不能になりつつあると痛感した。それで規制が強まった。10年代半ばに規制強化の風向きが変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン