/

この記事は会員限定です

整備新幹線の事業費1割増 政府予算案、国負担は同額

[有料会員限定]

政府は整備新幹線の国費負担に2020年度当初予算と同額の804億円を計上した。

建設中の北陸新幹線(金沢―敦賀)の開業など追加的に必要な地方負担分や国費を含めた事業費は前年度比1.1倍の4860億円を計上した。

新幹線の建設費はJRが国に支払う施設使用料(貸付料)を充当し、残りの3分の2を国、3分の1を線路の立地する自治体が負担する。人件費の高騰や追加の工事などにより北陸新幹線の事業費が増加した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン