/

在宅こそ気をつけたい「冬うつ」 日光不足で忍び寄る

産業医・精神科専門医 植田尚樹氏

画像はイメージ=PIXTA
社員がいきいきと働き、高いパフォーマンスを発揮する職場をつくるには何が必要か。産業医として多くの企業で社員の健康管理をアドバイスしてきた茗荷谷駅前医院院長で、みんなの健康管理室代表の植田尚樹医師に、具体的な事例に沿って「処方箋」を紹介してもらいます。

冬になると気分が晴れないと感じる人もいるかと思います。もし毎年のように、気分の落ち込みや体調不良を覚えるのなら、「冬季うつ」「冬うつ」と呼ばれる「季節性うつ病」かもしれません。新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務などで、こもりがちな昨今だからこそ、気をつけたいところです。

20年来、毎年冬になると体調不良

金融機関に勤める50歳代男性の事例です。

この20年ほど、毎年冬を迎えると体調不良を覚えるといいます。症状は上半身の発汗や、頭痛、動悸(どうき)などで、集中力の低下、心身疲労で仕事に支障をきたすこともしばしば。1回休職したことがありましたが、ほとんどの場合、出社できないほどではありません。抗うつ剤などを処方しますが、いつも春を迎えると回復します。

季節性うつ病と一般的なうつ病との違いは何でしょうか。表れる症状はほぼ同じなのですが、季節性うつ病は毎年ほぼ同じ時期、季節の変わり目に発症し、季節が過ぎると回復する周期性があることが特徴です。特に秋から冬にかけて、症状を訴える人が多く見受けられます。また、一般的なうつ病とは異なり、明らかなストレス要因が認められることは少ないようです。

一般的にうつ病では不眠、食欲不振といった症状が表れますが、冬季うつでは、過眠や過食(甘い物や炭水化物など)がみられることがあります。こうした傾向は特に女性に多いといわれています。

「眠くて仕方がない」「甘いものを食べたい」

IT企業に勤める20歳代女性の事例です。

秋口に体調不良を覚えるようになりました。なぜか涙が止まらなかったり、過呼吸になったり。「眠くて仕方がない」「甘いものを食べたくなる」とも話していました。集中力も落ち、気力もうせ、落ち込みがひどくて仕事にならないと訴え、1カ月ほど会社を休職しました。

産業医が面談して話をきいてみると、ほぼ毎日のように眠気が強く、起き上がれるのは午後になってからといい、倦怠(けんたい)感が強くて、ほとんど外出できていませんでした。ほぼ毎年、秋から冬にかけて、同じような症状が表れるということから、季節性うつ病と診断。天気が良い日は外にでること、朝起床したらカーテンを開けて室内に日光を入るように助言したところ、症状が改善したとのことでした。

季節性うつ病は日照時間の関係が指摘されています。日照時間が短くなる秋から冬にかけて症例が多くみられることや、日差しの強い低緯度地域での滞在で症状が軽くなったり回復したりすることが報告されています。逆のケースもあります。

東南アジアから戻って発症

コンサルティング会社に勤める20歳代女性の事例です。

今年10月、東南アジアから2年間の駐在を終えて帰国してからというもの、疲れがとれず仕事がはかどらないとの訴えでした。睡眠時間は十分なはずなのに、日中眠気がとれず、体が重く感じられるというのです。毎日出社しているものの、眠気が強く疲労感が取れないため、気力が湧かないとのことでした。

産業医面談でよく話をきくと、大学生のころから毎年、秋から冬にかけて体調が悪くなるということで、過食の傾向も認められました。ただ、東南アジア赴任中は眠気、疲労感、気力低下もなく、問題なく過ごせていたというのです。今回、体調不良のきっかけとなるようなことも、特に思い当たらないとのことでした。総合的に検討した結果、季節性うつ病との診断に至りました。

日光が私たちの心に影響を与える仕組みは次のように考えられています。

朝起きて日光を浴びると、目から脳へその信号が伝わり、目覚めてから14~16時間後の夜になると、脳の奥深くにある器官「松果体」から「メラトニン」というホルモンが分泌されます。メラトニンは睡眠を促す働きを持ち、体内時計を調整したり、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整えたりします。

秋から冬にかけて徐々に日照時間が短くなると、日光を浴びる量が減少、メラトニンが十分に分泌されなくなり、不眠や過眠などの睡眠障害などをもたらすと考えられてます。

一方、日中には脳内の神経伝達を助ける「セロトニン」が盛んに分泌されます。セロトニンは感情を制御し、精神を安定させる働きを持ちます。こちらも日照時間が短くなると分泌が減ることで、気分が落ち込んだり、体がだるくなったりすると考えられます。

日光に当たり運動を

このため、季節性うつ病の治療には、強い光を出す照明器具で一定時間光をあてる「高照度光照射治療」が用いられることがあります。

日常生活では、日光の効用を気にせずに外出することが多いと思いますが、冬季うつにならないためにも、日光に当たるように心がけることが大切です。

さらに、単調で軽い運動もセロトニンの分泌を増やす作用があるとされます。水泳やジョギング、ランニングなどを心がけるとよいでしょう。

セロトニンの材料となる必須アミノ酸「トリプトファン」を多く含むチーズなどの乳製品、豆腐などの大豆製品や豆類、バナナなどを食べることもおすすめです。

コロナ禍で在宅勤務が多くなるなか、外出の機会も減っていると思います。意識して日にあたり、外気に触れることが必要でしょう。気分転換にもなりますし、知らないうちに凝り固まった体の緊張をほぐす効果も期待できると思います。

※紹介した事例は個人を特定できないように一部を変更しています。

植田尚樹
1989年日本大学医学部卒、同精神科入局。96年同大大学院にて博士号取得(精神医学)。2001年茗荷谷駅前医院開業。06年駿河台日大病院・日大医学部精神科兼任講師。11年お茶の水女子大学非常勤講師。12年植田産業医労働衛生コンサルタント事務所開設。15年みんなの健康管理室合同会社代表社員。精神保健指定医。精神科専門医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン