/

この記事は会員限定です

超短期トレードを返上 コロナ相場で稼いだ1億円

インベスターズ(3)

(更新) [有料会員限定]

「こんな相場でなければ倍の値が付いてもおかしくない」。新型コロナウイルスの非常事態宣言が発令され、全世帯配布の「アベノマスク」がニュースになっていた4月上旬、個人投資家の神野研(37)は東証マザーズのMacbee Planetに目をつけた。

乱高下相場で関心はひとつ

神野は株式トレードの稼ぎで生活する専業投資家だ。コロナショックで急落した株式相場はなお乱高下していたが、神野の関心はひとつ。「パニック売りがおさまったとき、真っ先に買われる銘柄はどれか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

インベスターズ

コロナショックの大底から一気に高値圏へと駆け上がった2020年の株式相場。久々の高揚感に包まれたマーケットでは日の丸ヘッジファンドがしのぎを削り、米著名投資家バフェット氏も日本株の買いに動いた。相場の一寸先の闇を照らすべくデータ専門会社は携帯電話の群れを追いかけ、かつてエンジェル投資家がまいた種は芽吹きつつある。平成バブル崩壊から30年。新時代のインベスターズの胎動が大きくなってきた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン