/

この記事は会員限定です

京都大学が開く新地平 「変人」から革新生み出す

KYOTO 革新生む異才たち(2)

(更新) [有料会員限定]

自然科学系で日本最多の11人(卒業、在籍した研究者含む)のノーベル賞受賞者を出した京都大学は、「変人」の巣窟としても知られる。奇抜な服装をしたり、奇行に走ったりするわけではない。世間の常識を疑い、その外へ踏み出す勇気と知恵を持った俊英たちだ。未知の学問の地平を切り開いてきた誇りを持つ。

変な面白い答えが科学につながる

京大吉田キャンパス(京都市)研究棟の一角。水素や窒素などのガスの配管が所狭しと並ぶ部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

KYOTO 革新を生む異才たち

京都には伝統の中から革新を生み出す循環がある。「あつまれ どうぶつの森」のヒットを飛ばした任天堂やノーベル賞が相次ぐ京都大学は言うまでもない。電気自動車(EV)や高速通信規格「5G」の技術基盤を担う企業も集積する。新型コロナウイルス禍に伴う閉塞感を打破するヒントが京都にあるかもしれない。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン