/

この記事は会員限定です

万年割安株をなぜ? 「バフェット・エフェクト」の行方

インベスターズ(2)

(更新) [有料会員限定]

いま振り返れば、米著名投資家ウォーレン・バフェット(90)による日本株投資の第一歩だったようだ。「ビーエヌワイエム ノーウエスト ウエールズ フアーゴ オムニバス」――。米ミネソタ州ミネアポリスに本拠を置くカストディー銀行の名義が三菱商事の第9位、三井物産の第10位の株主として顔を出したのは2019年9月末のことだ。持ち株比率はいずれも1%強だった。

日本の未来に参画

カストディー銀行に有価証券の管理を委託した投資家の正体はだれか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

インベスターズ

コロナショックの大底から一気に高値圏へと駆け上がった2020年の株式相場。久々の高揚感に包まれたマーケットでは日の丸ヘッジファンドがしのぎを削り、米著名投資家バフェット氏も日本株の買いに動いた。相場の一寸先の闇を照らすべくデータ専門会社は携帯電話の群れを追いかけ、かつてエンジェル投資家がまいた種は芽吹きつつある。平成バブル崩壊から30年。新時代のインベスターズの胎動が大きくなってきた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン