/

この記事は会員限定です

セブン、コンビニの外へ ラストワンマイルにかける

セブンイレブン ここまでやる(1)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンにとって、2021年は大変革の年となる。半世紀の成長を支えた24時間営業、画一的な店舗、廃棄を前提とする欠品ゼロの徹底といった「勝利の方程式」は時代の変化によって修正が待ったなしだ。次の成長に向けて「ここまでやる」セブンの現場を追う。

宅配、最短2時間から30分に

セブンが実店舗から出て消費者に最接近しようとしている。都内40店で2020年7月に始めたスピード宅配の実証実験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セブンイレブン ここまでやる

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンにとって、2021年は大変革の年となる。24時間営業、画一的な店舗といった「勝利の方程式」は時代の変化によって修正が待ったなしだ。小売りの王者はどこへ向かうのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン