/

この記事は会員限定です

「選ばれる国」へ転換図れ 毛受敏浩氏

日本国際交流センター執行理事

[有料会員限定]

ベトナムから来日する人が急増している。2019年末の在留者数は約41万2千人で、数年後には韓国を抜き中国に次ぐ2位になると想定される。菅義偉首相は就任最初の外遊先の一つにベトナムを選んだ。コロナ禍でも3%近い経済成長を維持し、人口は1億人規模で、中進国への道を歩む。

来日する人の急増の背景には、技能実習生の増加がある。技能実習生はベトナムを筆頭に東南アジアからの来日が急増し、「技能実習生依存化」が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン