/

この記事は会員限定です

ベートーヴェン生誕250年 歓喜求めた「楽聖」の軌跡

NIKKEI The STYLE

(更新) [有料会員限定]
<訂正>12月18日14時に掲載した「ベートーヴェン生誕250年 歓喜求めた『楽聖』の軌跡」の記事写真の説明で、小林研一郎さんの演奏日が「2019年12月16日」とあったのは、「2019年12月26日」の誤りでした。

ドイツの偉大な作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827年)。苦難を乗り越えて生み出した交響曲第9番「第九」は、世界に類のない歳末の風物詩として日本に広く深く根ざしてきた。生誕250周年の今、「楽聖」の軌跡を見つめ直してみよう。新型コロナウイルス禍という逆境を乗り越えて、「歓喜の歌」が格別な響きをもたらすいつの日かを求めて。

平和と協調の象徴 第九が生む連帯感

フランス革命の精神に熱狂したベートーヴェンが、詩人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン