/

韓国コロナ新規感染、初の1000人超

防疫レベルの引き上げ不可避

(更新)
新型コロナの感染拡大に歯止めがかからなくなってきた(ソウル市内)

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国政府は13日、12日の新型コロナウイルスの新規感染者が初めて1000人を超えたと発表した。飲食店の夜間営業の制限など防疫体制を強化してきたが、感染拡大に歯止めがかからない。防疫体制の段階引き上げは不可避の情勢だ。

防疫当局によると、12日の新規発生者は1030人。ソウル市が399人、ソウル外郭の京畿道が331人と、首都圏が7割を占めた。これまでは教会や遊興施設など特定施設での集団感染が中心だったが、最近は感染経路がわからないケースが急増。PCR検査や移動経路の把握による疫学調査が追いつかなくなっている。

韓国は「社会的距離の確保」のレベルを段階的に引き上げてきた。現在、首都圏は「2.5段階」で、飲食店の営業は出前を除き午後9時までに短縮され、コーヒーチェーンは終日、持ち帰りのみの営業に制限されている。高水準の感染者発生は当面続くとみられ、「3段階」への引き上げは避けられない見通しだ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、緊急会議を招集し「いま感染拡大を防げなければ3段階への格上げも検討しなければならない重大局面」と強い危機感を表明。「(韓国政府が効果をあげてきたコロナ対策である)『K防疫』の成否をかけて総力で対応しなければならない」と指示した。

3段階に引き上げられると、百貨店や大型スーパー、映画館、学習塾、カラオケ店、理美容院など幅広い業種で店舗営業が禁止される。社会活動が大幅に制限されることになり、経済的な影響は甚大だ。疫学調査の徹底でコロナの封じ込めをめざす韓国の防疫体制は重大な岐路に立たされている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン