/

この記事は会員限定です

コロナに学び、世界の行方を読む指針に

ルーラ・カラフ FT編集長

[有料会員限定]

日本経済新聞社による英フィナンシャル・タイムズ(FT)の買収をFTがピンク色の紙面で2015年に報じて以来、世界は劇的な変化に見舞われてきました。

当時を振り返ると、ドナルド・トランプ氏は米大統領に選ばれていませんでしたし、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票もまだ実施されていませんでした。

米国と中国による「新冷戦」を話題にするには当時はあまりにも時期尚早で、新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経・FT共同企画

日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズ(FT)がパートナーシップを組んで5年がたった。この間、互いに連携を深め、デジタルと紙面で世界の読者に独自の視点を提供してきた。5周年の共同企画では、世界が揺れたこの5年間を顧みつつ、「世界のこれから」を展望する。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン