/

この記事は会員限定です

危機が迫る大転換 2025年の金融や産業、働き方は

[有料会員限定]
Technology──技術

「バーティカル」に価値

予定の取材時間を超えていたが、ソフトバンクグループの孫正義社長は上機嫌だった。米シリコンバレーの社屋でテクノロジーの未来を語り、身長が2メートルを超す大男を部屋に招き入れる。「山賊みたいな見た目だが、素晴らしい男なんだ」。買収を決めた米携帯電話販売大手、ブライトスターのマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)だった。

それから7年、クラウレ氏の役割は変転した。孫氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り8185文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

松尾 博文

カバージャンル

  • エネルギー問題
  • インフラ輸出
  • 中東・アフリカ情勢

経歴

現職は論説委員兼編集委員。入社以来、エネルギーや機械・プラント、商社などの業界や、経済産業省、外務省を担当。その間、テヘラン、カイロ、ドバイの3支局に駐在し、湾岸戦争やイラク戦争など中東の動乱や、油田開発、プラント建設の現場を現地で取材した。地政学や地球環境問題などのグローバルなテーマと、私たちの暮らしに欠かせないエネルギーのつながりを意識した取材を続けている。慶応大学総合政策学部特別招聘教授(2020年9月~21年3月)。上智大学非常勤講師(20年9月~21年3月)。東京工業大学非常勤講師(20年4~9月)

活動実績

2021年2月18日 企業の管理職向けセミナーで「どうなる中東情勢」講演
2020年12月25日 慶応大学SFCの科目「政策形成とメディア」で「中東とメディア」講義
2020年11月18日 上智大学と日経の連携科目「グローバル・リスク論」で「中東・アフリカで拡散する内戦・テロ」講義
2020年10月9日 駒沢大学ジャーナリズム・政策研究所の「日経論説講座」で「エネルギー政策」講義
2020年7月27日 東京工業大学の日経講座「教養特論 データとトピックで知る日本経済」で「エネルギーの未来像」講義
2020年4月10日 日本経済研究センターのウェブセミナー「コロナ危機と闘う 協調減産の行方と石油時代の終焉」出演
2019年9月24日 中東協力センター主催「中東講座」登壇。テーマは「相互依存強まる中東とアジア」
2019年1月17日 公開シンポジウム「電気エネルギーの未来を考える」パネリスト
2019年1月16日 BSテレビ東京「日経モーニングプラス・検証!エネルギー政策」出演
2018年12月3日 国際シンポジウム「不確実性高まる国際エネルギー市場の将来シナリオ」パネリスト

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン