/

この記事は会員限定です

企業の投資、脱炭素への貢献に応じ控除 税制改正

[有料会員限定]

2050年の温暖化ガス排出量実質ゼロの実現に向けて、企業に積極的な投資を促す。政府は脱炭素化に向けた「グリーン投資」に踏み切る企業を対象に税制上の優遇措置を設ける。温暖化ガスの削減につながる製品の生産設備の導入や、生産プロセスの省エネルギー化などが対象になる。

税優遇を受けるにはまず、投資を通じた脱炭素への貢献を示す事業計画を提出する。認定を受ければ税額控除を活用できる。国が定める脱炭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン