/

この記事は会員限定です

テノHD池内社長「保育所 コロナ禍でも堅調」

戦略 トップに聞く

[有料会員限定]

保育事業のテノ.ホールディングス(HD)が新型コロナウイルス禍でも業績を伸ばしている。首都圏などで一部保育所は休園したが、企業の受託保育所の多くは継続。2020年12月期は連結売上高が前期比8%増の108億円、営業利益は24%増の6億円を見込む。11月には株式の上場先を東証マザーズから東証1部に変更した。池内比呂子社長に戦略を聞いた。

――コロナ禍で需要に変化はありましたか。

「認可保育所は自治体の要請を受けて一部休園...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン