/

この記事は会員限定です

勤務地に縛られない ライバルは全世界の同僚

ニューワーカー 新常態の芽生え(3)

[有料会員限定]

東京都の人材サービス会社でシステム開発を担当する山田純希さん(29)は7月、3年間住んだ東京都から札幌市に引っ越した。煮込み料理など手の込んだ食事を作り、週末は山を登る。「これまでの人生になかった風景がここにはある」。慌ただしく弁当をかき込んだ日々は遠い。

コロナ機に移住

移住のきっかけは新型コロナウイルス禍だ。春から在宅勤務が標準となり、出社は不要となった。「開発業務はどこでもできる」。会社に移住を切り出すと「遠隔オンライン勤務」が認められた。プログラム共有ツールを駆使し、開発メンバーと離れていても成果を上げる。「ほかに魅力的な土地が見つかればまた移住するかも」と笑う。

総務省によると企業の本社が多い東京都で5月、比較可能な2013年7月以降で初めて人口の流出が流入を上回った。7~10月も1万3千人超の転出超過となり、その流れは一過性ではない可能性がある。大幅な転入超過と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、遅々として進まなかった働き方の見直しが始まった。凝り固まった常識を打ち破った先に見えてくる新たな職場とは。「ニューワーカー」の最前線を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン