/

この記事は会員限定です

政策を聞く(待機児童)

[有料会員限定]

自民・衛藤晟一前少子化相「保育所に補助員確保を」

少子化対策として待機児童の解消を進める必要がある。子どもを産み育て、働きやすい環境を整えたい。就労人口を保てれば経済力や社会保障制度の維持にもつながる。

政府は保育士の確保や保育所の増設を前倒しで進め、2020年4月時点の待機児童数は過去最少になった。女性の就業率の向上に伴い子どもを保育所に預けたい親が増えたため、安倍晋三前政権が掲げた20年度末の待機児童ゼロは難しい。

政府・与党は対策を強化しなけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン