/

この記事は会員限定です

獺祭はNYへ、ドンペリの巨匠は富山へ 日本酒の底力

SAKEイノベーション(2)

(更新) [有料会員限定]

世界における日本酒のビジネスとしての可能性を確信し、果敢に挑む人々がいる。ワインの道を究めた「ドンペリの巨匠」が、日本の富山県で2021年春に酒蔵を完成させる。日本酒全体の輸出金額の15%近くを占めトップランナーを自負する「獺祭(だっさい)」は、米国・ニューヨーク州で22年にも酒蔵を稼働する。

「日本酒の世界市場でのポテンシャルは非常に大きい。一方、日本国外では過小に評価されている」。こう断言する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3841文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

SAKEイノベーション

日本酒が世界に通ずる「SAKE(サケ)」として飛躍しています。足元はコロナ禍で外食需要が落ち込みますが、日本の食文化を発信し収束後には観光を魅力的にする成長性を秘めています。そんなお酒をめぐる革新のうねりを追います。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン