/

この記事は会員限定です

木内監督の「ごじゃっぺが」 心の中でいつまでも

野球解説者 仁志敏久

[有料会員限定]

11月24日午後7時すぎ。携帯電話の画面を見ると、茨城・常総学院高の先生の名前が表示されている。聞かずとも話の内容は分かっていた。恩師である木内幸男監督は別れも告げず、逝ってしまった。

とうとうこの時が来てしまった。高校野球に人生を捧げ、名将と呼ばれた89年の人生に恐らく悔いはないだろう。もう年だからと、人生が終わることを本人は恐れてはいなかった。最後まで木内監督らしい生き方である。悲しいわけでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン