/

この記事は会員限定です

ジャパニーズウイスキー 第2の夜明け

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

ちょうど100年前、日本の青年がスコットランドから2冊のノートを持ち帰った。ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝だ。本場蒸留所での修業成果はまず、鳥井信治郎率いる寿屋(現サントリーホールディングス)での国産ウイスキー第1号に結実する。不断の努力とミズナラなど多様な樽(たる)での熟成を経て、日本のウイスキーは繊細で複雑な香りと味をまとった。近年は国際的な受賞ラッシュと、副産物としての価格高騰が続いている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン