/

この記事は会員限定です

保健所、IT・民間委託に活路 保健師確保なお課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、保健所でIT(情報技術)や民間委託を活用して業務を効率化する動きが広がっている。人員が不足する一方、感染経路の追跡などで業務が一段と複雑化しているためだ。政府は資格を持ちながら就業していない保健師らを最大3千人リスト化し、応援人員の派遣調整に取り組む。

 ▼保健師 病気予防や保健指導などの公衆衛生活動を担う国家資格。取得するには看護師の資格も必要となる。保健所では乳児健診や食中毒対策、感染症対策などに従事する。企業での従業員の健康管理や、医療現場での生活習慣病予防の指導など活動の幅は広い。2018年末時点の就業保健師は5万2955人で08年末と比べて約1万人増えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン