/

この記事は会員限定です

役員報酬、ESGと連動 世界で導入広がる

[有料会員限定]

役員報酬をESG(環境・社会・企業統治)に連動させる企業が増えている。二酸化炭素(CO2)排出削減や従業員の多様性などの達成度合いで支給額が変わる仕組みで、米国で主要企業の半数、日本で日経500種平均株価の構成企業の1割弱が導入した。ESG投資が広がる中、経営者が中長期目線で評価されるようになってきた。

役員報酬のESG連動は欧米が先行する。ウイリス・タワーズワトソンの調べによると、米S&P500...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン