/

この記事は会員限定です

自治体、高齢者施設の感染対策支援 クラスター多発で

[有料会員限定]

自治体が高齢者施設での新型コロナウイルス感染対策に一段と力を入れている。11月以降の感染拡大「第3波」で、高齢者施設でのクラスター(感染者集団)発生が相次いでいるためだ。

埼玉県は特別養護老人ホーム(特養)をはじめとする県内1000カ所超の施設を県職員が年末にかけて緊急巡回する。「積極的に介入し陽性者の発生を抑える」(大野元裕知事)狙いだ。検温や手指消毒、施設職員の休憩時間の分散などの対策をチェッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン