/

この記事は会員限定です

GoTo自粛で企業逆風 リクルート、200億円減収も

[有料会員限定]

政府の需要喚起策「Go To キャンペーン」自粛を受け、レジャーや外食関連企業の業績に不透明感が増している。リクルートホールディングスは自粛影響が最大200億円の減収要因になると見込む。新幹線やホテルも予約が伸び悩む。上場企業の非製造業は2020年度下期に5割減益を見込んでいたが、下押しする恐れがある。

リクルートの旅行予約サイト「じゃらん」を使った宿泊予約は11月中旬時点では旅行の喚起策「トラベル」の追い風で回復傾向だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン