/

この記事は会員限定です

戦争孤児に光 関連本の出版相次ぐ

[有料会員限定]

戦後75年の節目に、戦争孤児が戦後、社会でどう生き延びてきたかに光を当てる本の出版が相次ぐ。国が実態を解明せず、当事者も口を閉ざしたため、戦争孤児は長く闇に埋もれてきた。体験者が減るなか、現在の児童福祉の原点に連なる課題もあるとして研究者らが関心を高めている。

「心のケアなんて言葉は戦後長らくなかった」。1945年の東京大空襲で家族を失い、9歳で孤児になった埼玉県蕨市の金田茉莉さん(85)は語気を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン