/

中国、ピアノにAI搭載 オンラインで演奏を指導

中国教育部のデータによると、2019年の中国の音楽教育の市場規模は約920億元(約1兆4000億円)で、2020年は998億元(約1兆5000億円)になると予測されている。今後も約8%の成長速度を保つという。

「森蘭信息科技(SUNLAND INFORMATION TECHNOLOGY)」は、この急成長する市場を狙うスタートアップの一つだ。2014年に設立された同社は、スマートピアノと音楽教育を主要事業としている。主な製品は「FIND」ブランドのスマートピアノと、それを使った音楽教育プログラムだ。

AIを搭載したピアノには自動演奏や録音などの機能があり、オンラインで演奏の指導を受けることもできる(森蘭信息科技提供)

スマートピアノとは

FINDは、従来のピアノにAIなどの最新技術を搭載したものである。森蘭信息科技は、オンライン授業、自動演奏、演奏の録音、演奏ミスの指摘、譜面検索など20以上の機能を持つピアノ用のOSを開発。楽譜はデフォルトで入っているもののほか、これらの機能に対応するものも随時更新されている。

森蘭信息科技はピアノのハードの開発も進めている。現在電子ピアノのプロトタイプが完成しており、独自開発のCPUと電子音源を持ち、100以上のセンサーを搭載している。演奏者の鍵盤タッチの力加減を感知し、本物のピアノに近いタッチになっている。

最大の特徴は、鍵盤の上に4Kディスプレーとウェブカメラがあることだ。オンラインレッスンにおいて、教師側の演奏時に手の動きがディスプレーにリアルタイムで表示され、ディスプレー上の鍵盤のサイズはその下にある鍵盤と全く同じだ。生徒は教師の手の動きをそのまままねすれば、曲が弾けるようになる。

ディスプレーは動画通話用にも使うことができる。また、ディスプレーに楽譜を表示させれば、ウェブカメラが演奏中の指の動きを楽譜と比較し、ミスを指摘したり、より適切な指使いの提案をしたりすることができる。

体験店ではオンラインレッスンを試せるほかピアノの販売も行う(森蘭信息科技提供)

オンラインレッスン+AI練習指導

自社開発のソフトとハードを使い、森蘭信息科技は音楽教室などと提携し、オンラインレッスン+AI練習指導というビジネスモデルを確立させている。

ピアノのレッスンは、教師が基本を教える授業と、反復練習の2つのパートからなる。現在中国でサービスを展開しているピアノのオンライン音楽教育は、後者の練習指導がほとんどだ。練習指導のほうがより標準化しやすいためだ。それと比べ、基本授業は教師と生徒の個性のすり合わせが必要となり、標準化が非常に難しい。

この難関に挑んだ森蘭信息科技は、国内外の音楽家、有名教師とプログラムを共同開発。10年かけてようやくサービスとして提供できるレベルになった。標準化されたプログラムであるため、2年以上の教師経験があれば、このプログラムを使ったレッスンを問題なく行うことができる。また、1人で対応できる生徒数も増え、子供なら1対6、中小学校の音楽授業なら1対48でレッスンすることが可能だ。

同社の製品やサービスは客単価が高く、量産化が難しいため、個人向けの販売は伸びづらい。そのため、同社は今年から中小学校向けにピアノレッスンを開始し、現在100以上の学校と提携している。また、大都市では体験店を開き、オンラインレッスンの体験と、ピアノの販売を行っている。こうした店舗は今年の年末までに500店になるという。

「36Kr ジャパン」のサイトはこちら(https://36kr.jp/)

中国語原文はこちら(https://36kr.com/p/880337705911554)

 日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。同社の発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語の記事を、日経電子版に週2回掲載します。
 日本経済新聞社は12月22日、36Krと共同でセミナー「『中国巨大テックBATHの実力』~アリババとファーウェイのDX革命」を開催します。中国テック大手の技術革新に触れるシリーズの第2弾として、テンセントとアリババの日本法人幹部による講演を通じ、両社が手がける製造業や小売業などのDX(デジタル・トランスフォーメーション)改革を紹介します。
 同日午後1時半から、ユーチューブを活用したオンライン方式で開催いたします。またご希望の方は抽選で東京・大手町の日経本社の収録会場にご招待いたします。参加は無料です。公式サイト(https://eventregist.com/e/bath_2nd)からお申し込みください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン