/

この記事は会員限定です

衆院解散、本命は夏以降 首相「感染対策・経済最優先」

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相は4日の記者会見で早期の衆院解散に慎重な見解を示した。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、与党には2021年夏以降が本命との見方が広がる。来夏の東京五輪・パラリンピックで成功を収めた後への期待もある。

首相は記者会見で「新型コロナの感染拡大を阻止し、経済の再生が最優先だ。ここに全力でまず取り組む」と語った。解散の時期は「時間的な制約もよくよく考えたい」とも話した。21年1月の解散を見送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン