/

この記事は会員限定です

ワクチン供給 日本企業も準備 JAL専門チーム PHC冷凍庫生産3割増

(更新) [有料会員限定]

欧米に比べワクチン接種開始が遅れる日本でも物流企業が輸送の準備に入っている。

日本航空(JAL)はワクチンの空輸を担う専門チームをこのほど立ち上げた。ファイザーやモデルナと直接輸送契約を結ぶ混載事業者(フォワーダー)との関係作りを急ぐ。ワクチン工場に近い空港がJALの未就航地の場合は臨時便運航などの輸送策を検討する。

日本郵船傘下の郵船ロジスティクスは年内にも輸送チームをつくり、空輸から陸運までの輸送網を構築する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン