/

この記事は会員限定です

原発の地震リスク評価に疑問符 大飯許可取り消し判決

(更新) [有料会員限定]

原子力発電所の地震リスクの評価に司法が再び疑義を示した。大阪地裁は地震のリスク評価を巡って、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可の取り消しを命じた。国は近く控訴する見通しだが、司法の場で十分な説明ができなければ、原発稼働の前提となる安全審査への信頼が揺らぎかねない。

2011年の東京電力福島第1原発事故を踏まえて新規制基準ができてから、原子力規制委員会が出した設置許可を取り消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン