/

この記事は会員限定です

大豆、高騰にブレーキ 中国の米国産買い付け鈍化

ブラジル減産観測も緩和 今後、弱含みの見方も

[有料会員限定]

高騰を続けてきた大豆相場にブレーキが掛かり始めた。中国による米国産大豆の旺盛な買い付けがここに来て鈍化したためだ。高値になった米国産に代わり、来年2月ごろから出回るブラジル産を待つ動きになりつつある。ブラジル産地の減産観測も和らいできた。大豆相場は転換点を迎えたとの見方が出ている。

大豆は食用油や家畜の配合飼料に使われる。シカゴ市場の大豆先物(期近)は11月27日終値で1ブッシェル11.91ドルと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン