/

長崎市HPサイバー攻撃か 被爆証言サイト改ざん

長崎市は4日、市のウェブサイトが不正アクセスを受け、被爆者の証言などを閲覧できるホームページの一部が改ざんされたと明らかにした。サイバー攻撃の可能性があるとみてサーバーを一時閉鎖。個人情報の流出はなかったという。不正アクセスの経路やサイトの脆弱性を調べており、復旧の見込みは立っていない。

市によると、3日午後5時ごろ、市が管理する原爆被害に関するページの一部が改ざんされたことを確認。本来は日本語のみで書かれた説明文に英文が追加され、クリックするとマルウエア(悪意のあるソフト)とみられるソフトのダウンロードページに移動するようになっていた。

3日午後11時ごろに該当のページを非表示にしたが、4日朝になると再び公開されていた。原因は不明でサーバーを乗っ取られた可能性があるとみて閉鎖を決めた。市は長崎県警にも相談した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン