/

山口大とアクセルスペース、衛星データ利用で連携

山口大学は4日、人工衛星のデータ利用・研究などに関して、小型衛星開発のアクセルスペース(東京・中央)と基本協定を結んだと発表した。10基以上の小型衛星の運用を目指すアクセルスペースと協力し、多数の衛星のデータを利用する際の補正技術の開発などに取り組む。

基本協定を結んだアクセルスペースの中村友哉社長(中)と山口大学の岡正朗学長(右)

アクセルスペースは2021年3月に自社開発の地球観測衛星4基を打ち上げ、既存の1基と合わせて5基を運用する予定。その後も追加を計画している。多数の衛星のデータを有効活用するには、個々の衛星の画像の違いを補正する必要があり、その分野の研究で先進的な山口大の長井正彦教授らと協力する。

基本協定には研究開発のほか、人材育成や産学連携活動での協力も盛り込んだ。アクセルスペースが山口大の大学院生をインターンシップで受け入れることや災害発生時の衛星データの活用協力などを想定している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン