/

イチローさん高校生指導 甲子園3度優勝の智弁和歌山で

智弁和歌山高の選手を指導するイチローさん(4日、和歌山市)=共同

プロ野球オリックスや米大リーグのマリナーズなどで活躍し、昨年3月に現役引退したイチローさん(47)=本名鈴木一朗=が4日、甲子園大会で春夏合わせて3度の優勝を誇る智弁和歌山高(和歌山市)で臨時指導を行った。今回がアマチュア球界での指導者デビュー。3日間の日程を終え「僕が伝えられることは伝えた。期待しています」と選手に声を掛けた。

イチローさんは初日に選手を観察し、2日目から実技指導。最終日は選手とともに練習をこなし、技術に加え、精神論も熱心に伝えた。盗塁の指導では「スタートで全部決まります」などとアドバイス。自ら実演した打撃練習では大飛球の本塁打を連発し、歓声やどよめきが起きた。笑顔で談笑するなど明るい雰囲気で進み、選手も積極的に質問した。

プロ野球阪神や楽天でプレーした中谷仁監督は「夢のような時間。言葉だけでなく動きやプレーを見ると響くものがある」と感謝した。今秋のドラフト会議で日本ハムから4位で指名された細川凌平内野手は幼少期からイチローさんに憧れ「本当に幸せな時間。全て(の助言)が刻み込まれている」と目を輝かせた。

日米通算4367安打を放ったイチローさんは引退後もマリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務め、今年2月にプロ野球経験者が高校、大学の指導をする「学生野球資格回復制度」の認定を受けた。学生野球の指導には、プロ球団の退団が必要だが、功績の大きさや、アマ選手の獲得に携わる立場でないことから、特例的に退団前の回復を認められた。

智弁和歌山高との交流は2018年秋に同校の試合での応援に感銘を受けたことをきっかけに始まり、昨年12月には教職員と草野球で対戦した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン