/

この記事は会員限定です

伝統守り、開かれた料亭に 得月楼番頭 松岡祐司さん

MyWay

[有料会員限定]

作家、宮尾登美子の小説「陽暉(き)楼」のモデルとなった高知市内の料亭「得月楼」。番頭の松岡祐司(38)は「陽暉楼で紹介されたお座敷文化と日本庭園、そして盆梅の展示といった伝統を守り、もっと外に開かれた料亭にしていきたい」と意気込む。

土佐高校を卒業後、上智大経済学部へ。「東京は人が多くて苦手」だったので帰郷してテレビ局に就職した。アナウンサーを皮切りに報道記者、ディレクターと経験を積む中、実家の得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン