/

四電グループ社員がコロナ感染 伊方原発内に出入り

四国電力は4日、グループ会社の四電エンジニアリング(高松市)の社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)の敷地内に出入りし、修繕工事に従事していた。

四電によると、濃厚接触者は確認されていないが、接触が確認された約70人の社内関係者を自宅待機として、PCR検査を実施する。伊方発電所の運営への影響はないとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン