/

この記事は会員限定です

[社説]規制基準を問う大飯原発判決

[有料会員限定]

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の耐震性をめぐり、福井県などの住民が国に原子炉設置許可の取り消しを求めた訴訟で、大阪地裁は規制基準を満たしているとの原子力規制委員会の判断は誤りだとして取り消しを命じた。

設置許可を無効とする判決は2011年に起きた東京電力福島第1原発の事故後、初めてである。国と電力会社は重く受け止める必要がある。

裁判では原発周辺で想定される最大の地震の揺れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン