/

この記事は会員限定です

[社説]容認できぬ北方領土の基地化

[有料会員限定]

ロシアが択捉島にミサイルシステムを実戦配備したことを明らかにした。北方領土で軍事基地化が着実に進んでいることを憂慮する。安倍前政権は早期に平和条約を締結し、領土問題を解決することを目指したが、その道のりはさらに険しくなったと認識せざるを得ない。

ロシア軍が配備したのは地対空型のS300V4。同島では老朽化した軍用飛行場の近代化計画が浮上。今年9月には北方領土を含む地域で軍事演習も実施された。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン