/

吹田アリーナの事業者決定、21年3月に延期 コロナ影響

万博記念公園(大阪府吹田市)に1万人以上収容できるアリーナを新設する計画を巡り、大阪府は4日、12月ごろとしていた事業者決定を3カ月先送りし、2021年3月ごろに延期すると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大により活動が制限される事業者に配慮した。

府によると、公募に応じたのは海外系の2事業者。10月末までに提出された提案書を審査していた選定委員会が追加資料の提出を求めることになったが、コロナ禍で対応に時間を要すると判断した。

アリーナの公募スケジュールは新型コロナの影響でこれまでも数回延期され、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)までの開業を求める方針を転換した。

府はアリーナをさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)や横浜アリーナ(横浜市)に匹敵する日本最大級の規模を想定。吉村洋文知事は「西日本随一のアリーナを実現することは関西の経済活性化に重要だ」と述べている。今後、選定委で提案書やプレゼンテーションを審査し、21年3月ごろの事業者決定を見込む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン