/

この記事は会員限定です

会津大学、震災後の経済復興で存在感 企業と連携活発

[有料会員限定]

東日本大震災からまもなく10年。過疎化に震災が追い打ちをかけた福島県の会津地方の経済復興で会津大学(会津若松市)の存在感が増している。会津若松市が進めるスマートシティ構想で企業誘致の呼び水となっているだけでなく、国が力を入れる「都市OS」づくりでも期待が高まる。

社会のデジタル化に力を入れる政府が掲げた「スーパーシティ構想」。全国から先進例となる都市を数カ所選び、規制緩和と国の支援を集中する計画だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン