/

この記事は会員限定です

「電力政策と一体議論を」 車業界、脱ガソリンで訴え

[有料会員限定]

経済産業省が2030年半ばに国内で販売する新車をすべて電動車とする目標を掲げる検討を始めた。欧米や中国でも脱ガソリン車への動きが加速する。トヨタ自動車を中心とする自動車業界は電動車へのシフトを加速する一方、「(国全体で必要な電力をどう賄うのかを決める)エネルギー政策と自動車は一体で議論しなければ、真の意味での環境目標を達成できない」と訴えている。

菅政権は50年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロにする政府目標を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン