/

この記事は会員限定です

エーザイ、中国で認知症薬開発 データ活用へ合弁

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

エーザイは2021年初めに中国で認知症に特化したオンライン診療サービス事業を始める。認知症専門医が登録するサイトを立ち上げ、利用者が症状や治療方法などを医師とやりとりできる仕組みを作る。認知症患者のデータを活用して、中国市場向けの新薬開発につなげる。中国の巨大な市場と医療データをめがけ、世界の企業が新薬開発を視野に入れたビジネス展開を急いでいる。

現地ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)が51%、エ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン