/

ディスカバリーの動画配信、21年1月に終了

米メディア大手ディスカバリーの日本法人、ディスカバリー・ジャパン(東京・千代田)は動画配信サービス「Dplay(ディープレイ)」の日本での提供を2021年1月4日に終えると発表した。21年1月に「discovery+(ディスカバリープラス)」と呼ぶ動画配信を米国で始めることを受けた対応だという。21年内にディスカバリープラスを日本でも始める見通し。

ディープレイは欧州を中心とする10カ国で展開してきた。日本では19年9月から開始。無人島生活などの「サバイバル」やクルマやバイクなどのドキュメンタリーを中心に配信している。サービス終了後も契約期間が残る有料プランの利用者には返金手続きを案内する。ディスカバリープラスはディープレイよりもコンテンツなどが充実し、25カ国で展開する予定だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン