/

この記事は会員限定です

ESGマネー争奪、米SECが映すバイデン氏の本気

ニューヨーク 宮本岳則

[有料会員限定]

米大統領選の勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、トランプ大統領の「米国第一主義」を改め、国際社会をけん引するリーダーに復帰しようとしている。現政権は世界的な「ESG」の潮流とも距離を置いてきたが、風向きが変わりそうだ。次期政権発足をにらんだ動きが早くも現れた。

11月19日、米証券取引委員会(SEC)のアリソン・ヘレン・リー氏ら2人の委員が連名で提言を発表した。内容は企業にESG情報開示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン