/

この記事は会員限定です

苫小牧港の冷凍冷蔵倉庫、年内にも稼働率が最大に

[有料会員限定]

倉庫・港湾運送業の苫小牧埠頭(北海道苫小牧市)が5月に稼働させた苫小牧港の大型冷凍・冷蔵倉庫が年内にもほぼ満杯になる見込みだ。収容能力は約2万トンと、道内最大級の規模。農産物を品質を保ったまま長期保管できる。秋に偏りがちだった北海道の食品物流を平準化する。

冷凍冷蔵倉庫は70億円かけて苫小牧東港に整備された。新千歳空港や道東方面へのアクセスに優れている。酸素濃度を調整し約半年間、野菜の鮮度を保った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン