/

この記事は会員限定です

五輪追加経費、都が1200億円負担で調整 国は700億円

[有料会員限定]

2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックの追加経費約3千億円を巡り、都が約1200億円、大会組織委員会が約1100億円、国が約700億円を負担する方向で検討していることが4日、分かった。4日夕に東京都の小池百合子知事、組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪相が協議し合意する見通し。

追加経費は延期に伴う人件費や会場の再確保費用などとして約2千億円と、新型コロナウイルス対策費として約1千億円が見込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン